2010年10月31日

孤独でしかいられない人の為に書かれた本

タイトル:孤高の人

単独登山を生きがいにする人の話。
誰かと一緒にいたいのに、孤独でしかいられなかった主人公がすごく切ない。
私を含め、孤独な都会人には理解できる人が多いのではないかと思う。

(83字)


孤高の人 (上巻) (新潮文庫)
新田 次郎
新潮社
売り上げランキング: 2388


孤高の人 (下巻) (新潮文庫)
新田 次郎
新潮社
売り上げランキング: 2995

posted by amagumo at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運命ってことば信じてる?私は信じてる。言葉にすると乙女過ぎて笑えるけどそういう感覚ってない?「あっ、この人と結婚するな」とか相手との結婚生活のビジョンが見えたり。そういうのって運命ってことじゃないかなぁって私は思ってる。だから一期一会大事にしていくつもり
Posted by 出 会 い at 2012年01月19日 03:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。