2010年08月21日

思春期を思い出し涙する良著

タイトル:青い鳥
おすすめ度:★★★★☆

中学校を舞台にしたハートフルな短編集。
吃音症の村内先生との出会いで、生徒達が成長する姿が良かった。
思春期の心はほんの少し風が吹けば倒れてしまうものだけど、すぐに立ち直れる強さもありそれが感動的だった。

(100字)

青い鳥
青い鳥
posted with amazlet at 10.08.21
重松 清
新潮社
売り上げランキング: 102605


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村:クリックお願いします!
posted by amagumo at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

自分の性格で悩んでいる人に知ってほしい病気

タイトル:精神科医が書いた あがり症はなぜ治せるようになったのか ―社会不安障害(SAD)がよくわかる本
おすすめ度:★★★★☆

あがり症がSADという最近発見された病気であると説明している。
保険の適用も認められており、薬と認知療法で治療可能だ。
あがり症が原因で人生を諦めかけてた人は大勢おり、SADの認知は救いになると思う。

(98字)



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村:クリックお願いします!
posted by amagumo at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

虐殺器官

タイトル:虐殺器官
おすすめ度:★★★★☆

近未来の国際軍事謀略を描いたSF小説。
テクノロジや歴史的背景の設定が緻密。
ストーリーは近未来特有の問題や悩みを描きながら、
現代の、そして異世界のわれわれの感情さえ揺さぶる。
奥深い小説だった。

(95字)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃
早川書房
売り上げランキング: 291


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村:クリックお願いします!
posted by amagumo at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。