2010年10月31日

孤独でしかいられない人の為に書かれた本

タイトル:孤高の人

単独登山を生きがいにする人の話。
誰かと一緒にいたいのに、孤独でしかいられなかった主人公がすごく切ない。
私を含め、孤独な都会人には理解できる人が多いのではないかと思う。

(83字)


孤高の人 (上巻) (新潮文庫)
新田 次郎
新潮社
売り上げランキング: 2388


孤高の人 (下巻) (新潮文庫)
新田 次郎
新潮社
売り上げランキング: 2995

posted by amagumo at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

語源をめぐる旅

タイトル:地団駄は島根で踏め

「ごり押し」「ごたごた」など、日本語の語源となった地を訪問した記録。
うんちく欲を満たしてくれることはもちろん、旅行記のような風情があり楽しい。

(71字)

地団駄は島根で踏め (光文社新書)
わぐりたかし
光文社
売り上げランキング: 129642

posted by amagumo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

自由とは何か

タイトル:自由をつくる自在に生きる

自由と支配について語られた本。
すでに、散々語られ尽くした内容だけど、これからもたくさん語られていく必要のあるテーマだと思う。
自由とは、人生のただ一つの目的であり、色んな人の意見を聞いて考えるべきだ。

(99字)


自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
森 博嗣
集英社
売り上げランキング: 4494

posted by amagumo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 100字書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。